HOME » あなたならどうする?賃貸管理の事件簿 » ゴミ屋敷

ゴミ屋敷

このページでは、隣人に迷惑をかける入居者のゴミ屋敷問題について、賃貸物件オーナーはどんな対応を取るべきか、具体的な対策などを検証していきます。

住人のゴミ屋敷化で賃貸物件オーナーは隣室から損害請求される!?

賃貸物件でのゴミ屋敷の説明イメージアパートの入居者から指摘があり、その隣室の入居者は床上1mほどの高さまでゴミを積み上げている状態で、おびただしい悪臭や害虫の原因になっています。物件オーナーが弁護士に相談したところ、以下の見解を得ました。

「借主には善管注意義務があり、ゴミを溜め込む行為は注意義務に違反する行為に該当する。だから、賃貸借契約の解除が可能と思います。ただし、すぐに退去してもらうのは難しいでしょう。今後も現在の状態が続いて、何度申し入れをしても改善が見られないような場合には、実際に解除が認められる可能性も高くなると考えられます」

一方で、ゴミ屋敷について指摘をしてきた入居者からは「ゴミ屋敷の隣には住めない」とのこと。引っ越し費用を負担してほしい申し入れが物件オーナーになされる始末でした。こちらについても弁護士の見解を紹介しておきましょう。

「この場合、貸主は損害賠償請求に応じる可能性が高いと思います。賃貸借契約では、貸主は借主に対して通常通りに使用させる義務が発生。ゴミ屋敷化している状態は、貸主が使用させる義務を果たしておらず、その債務不履行が隣室の借主の引越費用を発生させたものと考えられるからです」

このように、ひとりの入居者が自室をゴミ屋敷化してしまうと、隣室の入居者から見ると貸主である物件オーナーが義務を果たしていないことから、法律的には損害賠償を請求される確率が高くなるのが現実。このケースでも、ゴミ屋敷化する入居者の存在は物件オーナーにとっても大きな損失となるものの、さらに別の住人から引越費用を請求されるなど、トラブルが大きくなってしまうことになるわけです。

こうしたトラブルを未然に防ぐためにも、日常的な管理を普段からしっかり行う必要があります。隣室の入居者が損害を被る前に対処することができれば、物件オーナーとしてはゴミ屋敷にした入居者の契約解除に注力することができるでしょう。

【免責事項】
このサイトは2016年9月現在、物件オーナーの個人が賃貸経営の参考に調べた内容を基に構成しています。最新の賃貸管理についての情報を知りたい方は、各管理会社の公式サイトをご確認くださいますよう宜しくお願いいたします。

頼むならココ! 管理会社お薦め3選

賃貸管理は資産運用!正しい賃貸管理ガイド
間違わない!賃貸管理会社との付き合い方
賃貸管理を頼むならココ!管理会社厳選リスト
押さえておきたいマンション・アパートの管理方式
あなたならどうする?賃貸管理の事件簿
サイトマップ

↑