新しい賃貸管理ガイドHOME » あなたならどうする?賃貸管理の事件簿 » 夜逃げ

夜逃げ

このページでは、入居者に夜逃げされた場合、賃貸物件に残された荷物をオーナーは簡単に処分できないなどの問題点を検証していきましょう。

滞納から夜逃げへ!賃貸物件の家賃未回収トラブル

賃貸物件での夜逃げに対する対策の説明イメージ2カ月も続けてアパートの家賃の滞納をしている入居者がいる物件の事例です。オーナーが家賃徴収で部屋を訪問したところ夜逃げされていたことが発覚。行方の追及や督促など、物件オーナーがとった行動についてそのコメントからピックアップしてみましょう。

「ウチのアパートは築18年で、それまで特段のトラブルもなく入居者にも恵まれてきたと思っていました。家賃滞納があった部屋は入居してから7年経つご夫婦で顔見知り。まさか夜逃げされるとは夢にも思っていませんでした。

「遅れていた家賃は来週まとめて払います」。奥様にいわれたので後日部屋を訪ねた時、どうも室内の様子に違和感を感じて、合鍵で開けてみたわけです。すると部屋は不用品などを残してもぬけの空状態に…。不動産会社には急いで保証人に連絡を入れてもらったところ、夫婦当人たちには連絡がつかないとのこと。部屋の修繕費やごみの処分費用などを保証人に請求しようとも考えましたが、他にもいろいろ訳ありのようで、自分たちの分の請求は結局断念してしまいました」

物件オーナーは滞納家賃の督促もせず、結果として泣き寝入りを強いられることになりました。これに関して、賃貸経営の専門家による見解も紹介しておきましょう。

「入居者管理を専門の会社に依頼しておけば、家賃滞納時の督促なども気兼ねなく事務的に進めてくれるので安心。入居者が顔見知りだと、オーナーとしてもこまめに催促するのは気が引けると思いますが、今回のようなトラブルはどの物件でも起きうるリスクです。滞納保証などトラブル時に役立つサービスも含めて、管理体制を見直すのがいいでしょう」

なお、家賃を滞納して逃げた場合でも入居者が残していった物品を物件オーナーが勝手に処分することはできません。司法手続きを経た上でないと、鍵の交換を含めてオーナーの自由にならない部分があるわけです。賃借人に無断で貸部屋に入ったり持ち物を処分したりすると刑法に抵触する可能性もあるので、物件所有者とはいえ慎重に対処する必要があります。

【免責事項】
このサイトは2016年9月現在、物件オーナーの個人が賃貸経営の参考に調べた内容を基に構成しています。最新の賃貸管理についての情報を知りたい方は、各管理会社の公式サイトをご確認くださいますよう宜しくお願いいたします。

頼むならココ! 管理会社お薦め3選

賃貸管理は資産運用!正しい賃貸管理ガイド
間違わない!賃貸管理会社との付き合い方
賃貸管理を頼むならココ!管理会社厳選リスト
押さえておきたいマンション・アパートの管理方式
あなたならどうする?賃貸管理の事件簿
賃貸管理を利用しているオーナーさんの声
サイトマップ

↑