HOME » あなたならどうする?賃貸管理の事件簿

あなたならどうする?賃貸管理の事件簿

このカテゴリーでは、孤独死やゴミ屋敷化など賃貸物件オーナーとして注意しておきたい事件について紹介しています。

リスクとして想定しておくべき
賃貸物件を巡る実際の事件とは?

賃貸管理ではどんな物件でも、ある程度のトラブルの要因が内包されているものです。特に入居者が引き起こす問題は、個人の物件オーナーが万全な対応や対策をとるのは容易ではありません。事件の実例をベースに専門家のコメントなども加えて、以下の3パターンを中心に詳細ページで検証してみました。

孤独死

高齢化が進む現代の日本社会では、高齢者の一人暮らしも珍しくないケースです。賃貸物件のオーナーにとっては、一概に避けるべき入居者ともいえません。

現実としては賃貸物件で孤独死するケースがあり、事件性はなくても他の入居者や近所のヒトにとっては「孤独死があった物件」ということが知られる可能性が高いのが実情。

詳細ページでは実際に孤独死のあった事例を基に、物件オーナーにとってどのような損害があるのか、遺族との交渉はどうなるのか、そして事後の影響などを紹介しています。

孤独死について詳しく見る>>

ゴミ屋敷

若い女性でも自室を汚部屋にしてしまうなど、ゴミ屋敷化は今の時代において見過ごせない問題のひとつです。物件オーナーにとって、自分の資産たる賃貸物件をゴミ屋敷にされてしまうのは重大な損害。ただ一方で「賃貸借契約」という点で見ると、入居者が適切に利用しているかを管理する善管注意義務がオーナーには発生します。

ゴミを溜め込んでいる入居者に対しては改善を求める一方、他の入居者からはクレームを受ける複合的なトラブルになります。法的なポイントも含めて詳細ページで適切な対処を確認してください。

ゴミ屋敷について詳しく見る>>

夜逃げ

家賃保証が付くサブリースや滞納保証が付く賃貸管理サービスなら、たとえ入居者が夜逃げしたとしても、物件オーナーにとって収入減にはなりません。

ただし、賃貸管理業務を委託していても滞納保証などがなく、督促や回収はオーナー自身の責任となる場合、入居者に夜逃げされてしまうと容易に問題解決ができません。一方、夜逃げされてから入居者が部屋に残した私物などは、物件オーナーが勝手に処分できません。法的問題がつきまとう場合があるので、詳細ページで確認してみてください。

夜逃げについて詳しく見る>>

【免責事項】
このサイトは2016年9月現在、物件オーナーの個人が賃貸経営の参考に調べた内容を基に構成しています。最新の賃貸管理についての情報を知りたい方は、各管理会社の公式サイトをご確認くださいますよう宜しくお願いいたします。

頼むならココ! 管理会社お薦め3選

賃貸管理は資産運用!正しい賃貸管理ガイド
間違わない!賃貸管理会社との付き合い方
賃貸管理を頼むならココ!管理会社厳選リスト
押さえておきたいマンション・アパートの管理方式
あなたならどうする?賃貸管理の事件簿
サイトマップ

↑