新しい賃貸管理ガイドHOME » 間違わない!賃貸管理会社との付き合い方 » 賃貸管理会社を変更するには

賃貸管理会社を変更するには

このページでは、多少のデメリットはあるものの賃貸管理会社を変更することでトラブルなどを回避する方法をまとめています。

注意点はコレ!賃貸管理会社の変更に伴うマイナス点

賃貸管理会社変更伴う注意点の説明イメージもし今、賃貸管理を依頼している賃貸管理会社に不満や問題がある場合、会社の変更も考える必要があります。資産運用は長期的な観点での収益性を考えることが何より大切。賃貸管理会社の変更には手間も暇もかかりますが、よりよいサービスの賃貸管理会社と付き合うことで結果的には収益性が上がることも期待できるでしょう。

賃貸管理会社変更時の主な注意点としては、以下の3つが挙げられます。

保証会社の契約を引き継げるか

賃貸管理会社が利用している保証会社との契約にもよりますが、契約期間中の場合だと新しい賃貸管理会社に引き継げる場合と引き継げない場合があります。

引き継げない場合、契約途中だと別の保証会社と新規に契約を結ぶことになり、保証会社の費用はオーナーが負担することになるでしょう。保証会社との契約がないと滞納保証が付かなくなりますが、新たな賃貸管理会社との関係が整うまで、滞納家賃の回収を弁護士にスポットで依頼する方法もあります。

入居者に対して家賃の振込先を変更してもらう

家賃の振込先の口座がオーナー自身ではなく現在の賃貸管理会社の口座だと、入居者に振込先を変更してもらう必要があります。それを通知する際には、管理会社を変更することで入居者側にも対応が良くなるなどのメリットを提示できれば、比較的スムーズに事が進むことでしょう。こうしたケースでは1,000円程度の商品券を入居者にプレゼントすることもあるようです。

現在の賃貸管理会社が非協力的になる

今現在、賃貸管理に問題があるからこそ管理会社を変更しようと考えるわけで、解約を申し出るとその後の対応が悪くなることも。一般的には解約まで3カ月程度かかるので、その間に非協力的になるような業者なら解約して正解です。なお、その間に空室の入居者を募集する場合、その部屋をオーナー使用とすることで新しい賃貸管理会社に管理を依頼するのもいいでしょう。

【免責事項】
このサイトは2016年9月現在、物件オーナーの個人が賃貸経営の参考に調べた内容を基に構成しています。最新の賃貸管理についての情報を知りたい方は、各管理会社の公式サイトをご確認くださいますよう宜しくお願いいたします。

頼むならココ! 管理会社お薦め3選

賃貸管理は資産運用!正しい賃貸管理ガイド
間違わない!賃貸管理会社との付き合い方
賃貸管理を頼むならココ!管理会社厳選リスト
押さえておきたいマンション・アパートの管理方式
あなたならどうする?賃貸管理の事件簿
賃貸管理を利用しているオーナーさんの声
サイトマップ

↑