新しい賃貸管理ガイドHOME » 間違わない!賃貸管理会社との付き合い方

間違わない!賃貸管理会社との付き合い方

このカテゴリーでは、物件の賃貸管理を依頼する専門会社の選び方やそうした賃貸管理会社との付き合い方を紹介しています。

資産運用の経営パートナーとして選ぶ賃貸管理会社

手数料は安くて対応のいい管理会社が簡単に見つかれば話は早いのですが、それほど単純なことではありません。資産運用という中長期視点で経営パートナー選びをするにはどういう企業と付き合うべきか、じっくりと検討することをおすすめします。

優良サービスの賃貸管理会社を見つけて資産運用に活かす

詳細ページでは優良サービスの賃貸管理会社を選ぶために、物件オーナーとして知っておくべきポイントをまとめています。以下がその概要です。

賃貸管理会社の選び方

賃貸管理サービスは入居者管理建物管理に大別されます。

詳細ページでは家賃収入に直結する入居者管理にフォーカスして、管理会社による主要な3つのプランについて紹介しています。特に、管理をフル委託するサブリースについては管理会社が保証する賃料設定の仕組みについて解説しているのでご覧ください。

また、管理会社選びで重視すべき入居者の審査基準やトラブル対応に関する見極めポイント、また実績を示す入居率の読み方なども合わせてチェックしておきたい要素です。

賃貸管理会社の選び方についてはコチラへ>>

賃貸管理会社を変更するには

今現在契約している賃貸管理会社のサービスが十分でないと思っているオーナーなら、思い切って賃貸管理会社を変更することを検討してみましょう。

契約期間がネックになる面はありますが、多少の手間暇をかけてもより良い賃貸管理会社をパートナーにすることで、中長期的な収益アップも見込めます。詳細ページでは賃貸管理会社を選ぶに際しての注意点と対策を紹介しているので、現状課題をクリアしたいならぜひとも検討してみてください。

賃貸管理会社を変更するにはコチラへ>>

賃貸管理のQ&A

詳細ページでは賃貸管理会社による物件管理サービスついて、Q&A形式で物件オーナーにとってよくある質問をまとめてみました。

日常清掃を自主管理しているオーナーも、資産運用という視点でいま一度業務効率を見直すとともに、専門会社に建物管理を依頼する意義を検討してみてはどうでしょう。建物管理は入居者にとっての安心になり、リフォームリノベーションは資産価値の向上にもなることは知っておいてください。

賃貸管理のQ&Aについてはコチラへ>>

管理会社と良好な関係を築くことのメリット

アパートやマンションの賃貸経営をするなら、管理を依頼する管理会社とは良好な関係を築いていたほうが何かと有利に働くことが多いものです。 管理会社の社員さんも、仕事とは言え、自分が担当する物件のオーナーがいい人で関係性も良好だと感じるほうが、より親身になって熱意を持って仕事に取り組んでくれるでしょう。

そのほかにも、いろいろなメリットがあります。

管理会社との関係が入居率アップにつながる

オーナーとしては、賃貸物件を提供して管理会社にお任せしていれば、自分に関係なく入居者が決まると思うかもしれませんが、入居者は管理会社を通してオーナーの存在を感じています。

たとえば、入居しようか迷っている時に管理会社の社員さんから「この物件のオーナーはいい人なので、家賃交渉にも応じてもらえますよ」と言われたら入居したくなるでしょう。

そして、実際に家賃交渉をしてもらって入居が決まることもあります。 こうした管理会社側の努力によって入居者が決まるのは、管理会社とオーナーの関係がいいからです。双方が不仲だったり疎遠だったりすると、この物件に決めてもらいたいという熱意が変わってきます。

実際、管理会社側から見て付き合いたくないと思われるオーナーの物件は、入居率が悪い傾向にあるようです。

入居に関する手続きやトラブル対応がスムーズに進む

オーナーと管理会社の関係が良好だと、管理会社に任せられる業務や範囲が広くなります。そのため、トラブル対応や入居に関する手続きも事前にオーナーの承諾を得ているので、事あるごとに確認する手間が省けて、よりスムーズに進めることができます。

その結果、入居希望者を逃がすこともなく、住んでいる人の不満を減らすことにもつながるので、入居率が安定するというわけです。

信頼できる管理会社ならオーナーの手間を省ける

管理会社にどこまで裁量を任せるのかは、オーナー自身が決めることもできますが、本業があって忙しいオーナーならば、できるだけ多くの業務を任せたいと思うところ。しかし、管理会社との関係性が悪く、信頼できないようなら重要な部分を任せることはできません。

いくら入居率を上げたいと言っても、家賃の支払い能力がなさそうな人を入居させるわけにはいきませんし、勝手に家賃を下げられるのも困ります。

その点、信頼関係を築けている管理会社なら、審査もしっかり行ってくれますし、いくらまでなら家賃を下げてもいいという取り決めをすることも可能になります。

しばらく業務に対する姿勢を見て、信頼できる管理会社だとわかったら、良好な関係を築いて重要な業務も任せられるようにすると、オーナーの負担が軽くなります。

オーナーと管理会社のwin-winの関係に

オーナーが管理会社を選ぶだけでなく、管理会社側も今後付き合いたいオーナーかどうかを見極めています。お金を払っているからと言って、居丈高な態度でいると、管理会社から信頼されにくくなります。

管理会社の信頼を勝ち取るためには、相手に求めるような誠意を持って対応する、担当してくれる社員さんの顔や名前を覚える、感謝の気持ちを伝える、手土産を持って管理会社を訪問するなどの方法があります。

少し面倒に感じるかもしれませんが、オーナーと管理会社は大切なパートナーでありたいもの。いい物件で入居者が増えることは、管理会社にとっても利益になることです。

良好な関係を築くことで、お互いにwin-winとなりますので、損となることはありません。 大事な物件をしっかり管理してもらうためにも、管理会社と良好な関係を築けるような努力をしてみてください。

【免責事項】
このサイトは2016年9月現在、物件オーナーの個人が賃貸経営の参考に調べた内容を基に構成しています。最新の賃貸管理についての情報を知りたい方は、各管理会社の公式サイトをご確認くださいますよう宜しくお願いいたします。

頼むならココ! 管理会社お薦め3選

賃貸管理は資産運用!正しい賃貸管理ガイド
間違わない!賃貸管理会社との付き合い方
賃貸管理を頼むならココ!賃貸管理会社の比較ガイド
押さえておきたいマンション・アパートの管理方式
あなたならどうする?賃貸管理の事件簿
賃貸管理を利用しているオーナーさんの声
サイトマップ

↑