新しい賃貸管理ガイドHOME » 押さえておきたいマンション・アパートの管理方式

押さえておきたいマンション・アパートの管理方式

このカテゴリーでは、マンションやアパートの物件オーナーとして、管理会社に賃貸住宅の管理を委託する前に知っておきたいことを紹介しています。

管理会社の対応範囲など
マンション・アパート管理の委託を考える

まずは様々な管理方式について、概要とメリット・デメリットを一覧表にまとめたものをご覧ください。

また、詳細ページではこうした管理方式による違いや、賃貸物件のオーナーとして業務のアウトソーシングをどう考えるかなどを含めて、以下の3ページに役立ち情報を集約しています。

管理方式 概要 メリット デメリット
サブリース 物件は不動産会社が一括借り上げして、第三者となる入居者に転貸借する方式 管理会社に業務全般を任せることができ、空室保証もあり。確定申告も簡単になる 比較的利益率が低くなる。賃料設定の見直しや契約解除などリスク要因あり
滞納
保証
家賃徴収業務に加えて滞納があった場合に管理会社が保証してくれるシステム 入居者がいれば滞納があってもなくても決められた金額を得ることができる。損失や督促などに悩まされない 管理会社の手数料はサブリースより低く、集金代行よりは高くなるのが一般的
集金
代行

入居者の管理業務のうち、賃料など集金業務を管理会社に代行してもらう

少額の管理手数料で入居者全員の賃料の徴収業務を任せられる。業者によっては入居者からのクレーム対応もあり 集金業務以外は基本的にオーナー自身が対応する必要がある
自主
管理
入居者管理や建物管理など賃貸管理業務をオーナー自身が行うもの。入居者募集と契約手続きなどは物件仲介の不動産会社に依頼 設定賃料がそのままオーナーへの入金金額となる 24時間365日、入居者や建物など賃貸経営に関する対応を求められる可能性がある

サブリース(一括借り上げ)

上の一覧表で紹介した、オーナーによってのサブリースのメリットをより詳しく説明しています。また、賃貸経営をすべてアウトソーシングできる点で合理性の高いサブリースですが、管理会社との契約ではチェックすべき細かな点もあります。

サブリース(一括借り上げ)とは>>

管理委託・自主管理

賃貸物件の管理業務をオーナー自身でするのか、専門会社に委託するのか、両者のメリット・デメリットや管理方式の違いなどから検証していきます。

管理委託・自主管理とは>>

貸主業務代行(集金代行)

賃貸管理の業務については、管理会社によって呼び方に多少の違いがあります。貸主業務代行だと、建物管理を除く入居者管理の全般の委託となるのが一般的。集金代行だと、文字通り集金代行のみの場合から入居者への対応までしてくれるケースもあるなど、管理会社の対応サービスを検証しています。

貸主業務代行(集金代行)とは>>

【免責事項】
このサイトは2016年9月現在、物件オーナーの個人が賃貸経営の参考に調べた内容を基に構成しています。最新の賃貸管理についての情報を知りたい方は、各管理会社の公式サイトをご確認くださいますよう宜しくお願いいたします。

頼むならココ! 管理会社お薦め3選

賃貸管理は資産運用!正しい賃貸管理ガイド
間違わない!賃貸管理会社との付き合い方
賃貸管理を頼むならココ!管理会社厳選リスト
押さえておきたいマンション・アパートの管理方式
あなたならどうする?賃貸管理の事件簿
賃貸管理を利用しているオーナーさんの声
サイトマップ

↑