新しい賃貸管理ガイドHOME » 賃貸管理を頼むならココ!賃貸管理会社の比較ガイド » モダンスタンダード

モダンスタンダード

ウェブでの告知に注力する賃貸管理会社、モダンスタンダードの管理の特徴や口コミ評判、会社概要をまとめました。

富裕層対象
賃貸管理会社モダンスタンダードの強みとは

賃貸管理会社、モダンスタンダードの強みともいえる主な特徴などをまとめてみました。

賃貸管理会社モダンスタンダードの公式HP画像
引用元:モダンスタンダード公式HP
(https://www.m-standard.co.jp/)

自社サイトが月間100万PVで集客力あり

モダンスタンダードは、都心の富裕層向け賃貸物件に特化した不動産会社です。ターゲット層が都心部ということもあり、入居者募集チャネルとしてインターネットに注力しています。自社サイトのアクセスは月間15万ユーザー100万PVに達する集客力があり、無用な宣伝費用をかけずに客付けできるのが特徴です。

マーケティングデータの解析がしっかりしている

自社サイトでの集客力が高いこともあって、モダンスタンダードは成約に至るデータの解析もしっかり行っています。自社サイトならアクセスユーザーの動向を詳細に把握が可能。ユーザーの動向に基づいた賃料設定など、マーケットニーズに合った賃貸経営の提案をしてくれます。

賃貸管理はオールインワンで対応

物件オーナーに対して、モダンスタンダードでは入居者募集から管理業務までオールインワンで対応してくれます。顧客層をある程度限定しているからこそ、賃貸経営の収益化をきちんとサポートできるのでしょう。

賃貸管理会社モダンスタンダードの口コミ評判

ネットで見つけたモダンスタンダードのサービス利用者による口コミ評判をピックアップしてみました。

モダンスタンダードの対応姿勢

モダンスタンダードの魅力は、オーナーの利益を最大化してくれることです。一般的な仲介会社による賃料査定は、競合物件との比較、周辺の賃料相場などをもとに行います。これらをもとに無難と思える賃料をはじき出すのが一般的ですが、モダンスタンダードは年間2000件の高級賃貸物件仲介実績をもとに、マンションやエリアの特徴、現在の相場などを多角的に判断して賃料を査定します。他社は持ち合わせていないデータなどを活用して賃料を査定するので、納得できる提案を受けることが可能です。

賃貸募集・管理を始めるにあたり、様々なサポートを受けられる点も魅力です。初めての賃貸募集・管理は戸惑うことだらけです。専門的な知識を持ち合わせていないと何をどう考えればよいか分からないことすらあります。モダンスタンダードはオーナーのニーズをもとにどのような貸し出し方をすればよいか、いつ頃物件を売却すればよいかなどの提案を行ってくれます。また、普通貸借契約と定期賃貸借契約の違いなど、基本的な知識を分かりやすく教えてくれます。誰にとっても頼りになる管理会社といえるでしょう。

賃貸募集・管理だけでなく将来的なお付き合いをできる点も見逃せません。モダンスタンダードには、物件の購入や売却を相談できる金融機関勤務経験のある専任スタッフが在籍しています。様々なニーズにワンストップで対応できる体制が整っています。

以上のサービスなどを、スピード感をもって提供している点が特徴です。モダンスタンダードでは、案内や契約などの業務でスピード感を重視しています。その姿勢は、年末年始を除き年中無休で営業している点などに現れています。必要なときに必要なサービスを受けられる管理会社といえるでしょう。もちろん、単に仕事が早いだけではありません。オーナーに不快な思いをさせることがないよう、正確さも重視しています。高級賃貸物件を多数取り扱っている実績があるので、この点も大きな心配はないでしょう。

モダンスタンダードの歴史

モダンスタンダードは、時代とともに多様化する都心のライフスタイルをカタチにすること、都心の住生活の中に「美的な感性」「安心安全を兼ね備えた設備」「真新しいサービス」といった価値観を創造することなどを目指して2009年9月に誕生しました。同年12月には許認可を取得し営業スタート、翌年6月には青山本社のフロアを増床しています。

モダンスタンダードにとって大きな転機になったといえるのが、2011年2月に高級賃貸専門サイトモダンスタンダードを開設したことかもしれません。都心のライフスタイルにマッチしたこのウェブサイトは、月間PV250万を超える人気サービスに成長しました。多くの方がアクセスすることにより、今まで依頼したオーナーの家賃収入は平均5%もアップしています。同年11月には、スマートフォンサイトをリリースするなど時代に先駆けたサービスを提供し続けています。

スマートフォンサイトをリリースした同月に、銀座に2号店をオープンしています。その翌年にあたる2013年には資本金を1000万円に増資、新宿に3号店をオープン、2015年には本社オフィスを東京都港区青山に移転、2016年には渋谷にサテライトオフィスをオープンしています。事業が順調に拡大していることが分かります。

これらの活動が認められ、2012年1月には「三井不動産住宅リース平成23年度仲介実績優秀賞」を受賞しています。創業から3年での受賞は驚異的といえるでしょう。ちなみに、2012年~2017年まで6年連続で同賞を受賞しています。さらに、2015年5月と2016年5月には「伊藤忠アーバンコミュニティ繁忙期における契約実績優秀業者」を受賞しています。2015年~2018年に連続してベストベンチャー100に選出されている点も見逃せません。歴史は浅いながら、注目度は非常に高いといえそうです。

短期間で多くの支持を集めている理由は、これまでにないサービスを提供していることとその品質が優れているからと考えられます。今後も更なる事業拡大が想定できます。

モダンスタンダードの2つのプラン

モダンスタンダードでは、高級賃貸物件の管理や運用を幅広く行っています。

代表的な管理業務としては、物件の査定や入居者募集における図面の作成、入居者の募集、賃貸契約の締結、家賃の回収、更新手続き業務、退去契約や原状回復工事の対応など、入居者募集から退去まで全体的な管理業務があります。

物件の賃貸は、定期借家契約も可能ですし、物件ごとではなく転勤の間だけ購入したマンションの一室を貸し出す「リロケーション」も可能で、これまで不動産賃貸を行ったことがない人でも、モダンスタンダードに任せれば運用の手間なく不動産賃貸を始めることができます。

高級物件の貸出を検討している人は、ぜひモダンスタンダードへの管理業務委託を検討してみるとよいでしょう。

管理業務プランは大きく分けて「スタンダードプラン」と「サブリースプラン」を用意しています。

スタンダードプラン

オーナーが入居者と賃貸借契約を結んだ後に、モダンスタンダードがその後の対応を行うプランで、入居中のトラブルにも幅広く対応してくれるので、オーナーは安心して任せられます。

物件ごと所有している場合、空室保証などは含まれていませんが、分譲マンションを賃貸物件として運用したい場合などは空室保証が必要ないため、スタンダードプランが適しています。

賃貸募集のみを行うプランもありますので、管理業務は必要ないけれど入居者を探してほしいというオーナーも相談可能です。

サブリースプラン

サブリースプランは、賃貸物件をモダンスタイルが借り上げる形で運用、管理してくれるプランで、物件ごとモダンスタイルが査定した家賃を支払うので、オーナー側で空室の心配をする必要がありません。

毎月一定の家賃収入を確保できるのはもちろん、物件から入居者への対応までまとめて管理してもらえるので、運用における一切を任せることができる点から人気のプランです。

建物の管理においては、老朽化対策もモダンスタンダード側で行うので、建物をよい状態で保ってくれます。

契約の基本内容は、新築時の免責期間が最低2ヶ月からで、免責期間中の家賃はモダンスタイルが取得します。

敷金はモダンスタンダードが預かり、礼金も取得してくれ、契約期間は最低2年、最長10年で、2年毎に契約の見直しが行われます。

保証される家賃は、募集設定家賃の80%以上と設定されていますが、立地や物件の状態によって変動します。

サブリースプランは一切の手間がかからない分、礼金がオーナーに入らないほか、実際の家賃から2割前後モダンスタイルに入るため、当然ながらオーナー側に収入面でのリスクが生じます。

物件の管理が難しい人、不動産を運用したいけれどやり方がよくわからないという人にメリットのあるプランだといえるでしょう。

モダンスタンダードが考える高級物件の賃貸管理が必要な理由

ここではモダンスタンダードが考える高級物件の賃貸管理が必要な理由について詳しく見ていきましょう。

先を見通した運用が重要

日本の賃貸物件は居住期間が長く、また契約期間を2年間と定めていることが多いので、家賃の変更を行う期間が少ないといわれています。

全体の9割以上が、1年間で家賃の変更を行うことがないといわれており、安定した運用が見込めます。

しかし、経年による物件の老朽化や、近隣に新築の住居用物件が増えるなど、環境の変化などによって物件の価値が下がることは考慮しなければなりません。

実際に高額の投資をしても、家賃が下落している物件は存在しており、先を見越した上での家賃設定や運用は、高級賃貸物件の運用においてとても重要なポイントです。

効率よく集客するためのノウハウを持つ管理会社は必須

高級賃貸物件は、人気がある反面入居できる人が限られます。

入居を希望する人にマッチしたウェブサイトの構築と運用は、集客実績豊富な管理会社だからこそできる仕事です。

より効率的に、広く物件をアピールすることは、スピーディーな入居につながるとともに、管理会社後からなくしては実現しません。

将来的な運用をサポートしてくれる管理会社の存在

不動産の運用は、その物件だけで終わることはありません。

今後物件を増やすこともあるでしょうし、将来的に物件を売却するなど、永遠の現状維持はないといえます。

そのとき、信頼できる管理会社に将来的な運用について相談できれば、よりベストな選択が可能だと思います。

高級賃貸物件の管理や運用実績が豊富なモダンスタンダードなら、その手助けができるかもしれません。

賃貸管理会社モダンスタンダードの会社概要

社名 株式会社Modern Standard
所在地 東京都港区南青山4-9-1 シンプル青山ビル2F
設立 2009年9月
営業時間 9:00~21:00
定休日 年中無休(夏期・年末年始を除く)

今後のためにモダンスタンダード以外の賃貸管理会社も確認

【免責事項】
このサイトは2016年9月現在、物件オーナーの個人が賃貸経営の参考に調べた内容を基に構成しています。最新の賃貸管理についての情報を知りたい方は、各管理会社の公式サイトをご確認くださいますよう宜しくお願いいたします。

頼むならココ! 管理会社お薦め3選

賃貸管理は資産運用!正しい賃貸管理ガイド
間違わない!賃貸管理会社との付き合い方
賃貸管理を頼むならココ!賃貸管理会社の比較ガイド
押さえておきたいマンション・アパートの管理方式
あなたならどうする?賃貸管理の事件簿
賃貸管理を利用しているオーナーさんの声
サイトマップ

↑