新しい賃貸管理ガイドHOME » 賃貸管理を頼むならココ!賃貸管理会社の比較ガイド » 東急リバブル

東急リバブル

賃貸と売買2つの窓口が併設されている賃貸管理会社、東急リバブルの特徴や口コミ評判、会社の概要を紹介していきます。

連帯保証人不要!
賃貸管理会社東急リバブルの強みとは

賃貸管理会社、東急リバブルの強みともいえる主な特徴などをまとめてみました。

賃貸管理会社東急リバブルの公式HP画像
引用元:東急リバブル公式HP
(https://www.livable.co.jp/)

グループ企業で賃貸管理サービスに対応

東急リバブルの賃貸管理は、東急不動産ホールディングスグループのサービスとして、別ページで紹介している東急住宅リースが対応します。一般的な賃貸物件の管理サービスは、設備故障の連絡取り次ぎのみに対応するシンプルプランと、空室保証が付くサブリースの2つ。

なお、首都圏・関西・仙台といったエリアによって賃貸管理サービスが異なる点には、注意が必要です。

連帯保証人不要滞納賃料保証システムあり

賃貸契約を結ぶ際、貸主・借主双方にとってネックになりがちな連帯保証人。同社に賃貸管理サービスを依頼すれば連帯保証人を立てなくても保証会社が代位弁済してくれる「連帯保証人不要滞納賃料保証システム」を利用できます。入居者にとってもハードルが下がり、物件オーナーにとっては安心につながるでしょう。

賃貸・売買の窓口併設で総合サポート

東急リバブルは不動産の賃貸と売買の窓口が併設されているので、賃貸物件を売却したい場合にもスムーズに対応。投資マンションのオーナーにとっては売却タイミングも重要なので、貸すか売るかを検討する際には頼れる会社です。

賃貸管理会社東急リバブルの口コミ評判

ネットで見つけた東急リバブルのサービス利用者による口コミ評判をピックアップしてみました。

東急リバブルのプラン

リロケーションプラン

リロケーションウプランは、期間限定の転勤など、住まいを一定の期間のみ貸し出したい人におすすめのプランです。
期間限定の賃貸でも、家賃の滞納保証制度や明渡し保証など、保証制度はしっかりしているので安心して貸し出しできます。

ちなみに、家賃滞納制度は、部屋を貸し出している入居者が家賃を滞納してした場合、その家賃を東急リバブルが保証する制度です。
東急リバブルが家賃を取り立ててから支払うのではなく、オーナーには滞納期間なく家賃が振り込まれますので、もしものときも安心して貸し出しできます。

明渡し保証は、部屋の明渡し請求を東急リバブルが行うという保証制度です。 入居者の家賃滞納があまりにも長く続いた場合、契約に則って契約解除を行うことになります。

その後契約を解除することになりますが、悪質な入居者の場合、なかなか退去してくれないケースもあり、こうした際の明渡し請求や対応を東急リバブルが代行して行ってくれるというものです。

入居者にもいろいろな人がいますので、明渡しについてはトラブルに発展してしまうこともあるようですが、東急リバブルが対応してくれるのであれば、オーナーがトラブルに巻き込まれる心配は少なくなります。

リロケーションプランは、こうした充実の保証内容で期間限定の部屋の貸出を行えるプランです。

マスターリースプラン

マスターリースプランは、現在誰も住んでおらず、今後も住む予定がない完全な空き家の貸し出しを希望している人におすすめのプランです。 リロケーションの項で紹介した滞納保証などの保証が充実していますので、賃貸運用においてのオーナーの負担を極力小さくしてくれます。

ただしリロケーションプランでは明渡し保証が利用できますが、マスターリースプランで通常の契約の場合明渡し保証がついていません。

ベーシックプラン

ベーシックプランは、貸し出す部屋の管理を一括して任せたいという人におすすめのプランです。
管理業務におけるサポート体制が充実している上に、コスト面のバランスがよいので、初めて住居を賃貸に出したいという人も安心して利用できます。

ベーシックプランでは一通りの保証制度やサポートサービスが利用できますが、所得税の源泉徴収の発行や支払調書の発行、滞納保証、明渡し保証、定期巡回サービスが利用できない契約となっています。

シンプルプラスプラン

シンプルプラスプランは、貸し出しする物件の管理コストをできるだけ抑えつつ、賃料の管理まで任せたいという人におすすめのプランです。

入居者による賃料の滞納の有無にかかわらず、保証会社から毎月賃料を受け取ることができるので、オーナーは家賃の滞納について一切心配する必要がありません。

そのほか、入居者の孤独死や自殺、犯罪死などによってオーナーが受けた損害についての保障もしてもらえるので、こちらも安心です。

シンプルプラン

シンプルプランは、賃貸における基本的な管理は自分で行うけれど、設備の故障などで入居者と直接連絡を取ることをしたくないというオーナーにおすすめのプランです。

東急リバブルで外部委託している連絡センターを通じて、24時間設備故障についての窓口対応を行います。

サブリースプラン

サブリースプランは、オーナーが所有する物件を東急リバブルが借受け、入居者に転貸という形で貸し出すプランです。

オーナーは入居者の有無にかかわらず、毎月定額の家賃収入を得ることができ、また物件の管理をする必要もないなど、とても手軽に物件の賃貸を行うことができます。

サブリースプランは集合住宅のみ対応で、戸建ての借受けは行っていないのでご注意ください。

参考:東急リバブル
https://www.livable.co.jp/kashitai/#anc01

賃貸管理会社東急リバブルの会社概要

社名 東急リバブル株式会社
所在地 東京都渋谷区道玄坂1-9-5
設立 1972年3月
営業時間 10:00~18:00
定休日 火曜日、水曜日

今後のために東急リバブル以外の賃貸管理会社も確認

【免責事項】
このサイトは2016年9月現在、物件オーナーの個人が賃貸経営の参考に調べた内容を基に構成しています。最新の賃貸管理についての情報を知りたい方は、各管理会社の公式サイトをご確認くださいますよう宜しくお願いいたします。

頼むならココ! 管理会社お薦め3選

賃貸管理は資産運用!正しい賃貸管理ガイド
間違わない!賃貸管理会社との付き合い方
賃貸管理を頼むならココ!賃貸管理会社の比較ガイド
押さえておきたいマンション・アパートの管理方式
あなたならどうする?賃貸管理の事件簿
賃貸管理を利用しているオーナーさんの声
サイトマップ

↑