HOME » 賃貸管理を頼むならココ!管理会社厳選リスト

賃貸管理を頼むならココ!管理会社厳選リスト

CHECK!賃貸管理を頼むならココ!管理会社厳選リスト

首都圏には賃貸管理会社が多数。以下のページでも24社を選び抜いて、会社の概要や口コミ評判を掲載しています。とはいえ、依頼したい物件オーナーや、すでに会社に管理を依頼済みでも新しい会社に変えてみたいオーナーにとって、24社でも選びきれないのが本音では?そこで、オーナーにとって気になるはずの「入居率」「管理料」「管理プランの豊富さ」といった面から、賃貸管理会社を比較してみました。

管理会社の早見表はこちら

知名度? 手数料? 管理費? 厳選の賃貸管理会社3社

突然ですが、今年の6月ごろ、衝撃のニュースがありました。東京23区の空室率が、なんと過去最悪の33.68%にまでのぼったというものです。「首都圏の賃貸物件が危険水域に入ってきた」。ある不動産の専門家は警鐘を鳴らしています。今年3月の新築賃貸アパートの空室率は東京23区で30%超え、神奈川県で35.54%、千葉県の34.12%も過去最悪で、物件のオーナーにとってはまさに受難の時代…。

こんな時代だからこそ、注目されているのがサブリースというプランなのです。では、サブリースとは何なのか説明しましょう。

サブリースは「一括借り上げ」とも呼ばれ、不動産会社に物件をまとめて借り上げてもらうシステム。オーナーは不動産会社と借上契約を締結して借上賃料を受け取り、不動産会社は自ら入居者を決めて賃貸借契約を締結して家賃を徴収します。オーナーは物件管理のいっさいを会社に委任。オーナーと不動産会社の契約は「マスターリース」、不動産会社と入居者の契約が「サブリース」の位置づけとなります。

オーナーにとってのサブリースのメリットは、以下の4点です。

サブリースのデメリットとしては、直接入居者と賃貸借契約をする場合に比べると借上賃料が低くなる点。ただ、冒頭に述べた空室リスクが甚大な現実を鑑みれば、まさに最適なシステムです。おまけに賃料の滞納リスクなども回避でき、自分で管理することに問題や不安を抱えているオーナーにとっては、おすすめできます。

ところで、このサイトで紹介している賃貸管理会社24社の中には、知名度のある会社が多々あります。ただ、物件オーナーにとって気になる「入居率」「管理料」といった数字を明確に出しているところの少ないのが現状。以下の3社については、数字を明確に打ち出していました。では3社とはどの会社か?記載した項目は「サブリースの有無」「プランの数」「管理費」「入居率」に加え、賃貸管理のサポート体制やオーナーの口コミ評判です。ではご覧ください。

お薦め会社その1アーバンフォース

サブリースの有無 プランの豊富さ 計5プラン、サブリースだけでも4プラン
管理費 貸主業務代行契約(集金代行)で、月額3,000円~(税別) 入居率 98.6%(2014年実績)

賃貸管理会社アーバンフォースの公式HP画像

サポート体制

  • サブリースのプランだけでも4プランもあり
  • 4プランは、高い賃料収入を保証するものから一般的なものまで幅広い
  • 集金代行管理手数料が月額3,000円~と良心的な設定
  • 緊急対応のコールセンターは24時間体制
  • インターネット回線や駐車場の手配などにも対応

利用者の口コミ評判

大手だと迅速に対応してもらえない場合があったのですが、交渉などもスムーズにこなしていました。熱意のある担当者で、度重なる質問でも嫌な顔ひとつせず回答してくださったのでありがたかったです。

賃貸管理の実績が多数あったので、依頼することにしました。担当者の人がいろいろとアドバイスしてくれたり、多方面からサポートもしてもらえたのがうれしかったです。取引自体もスムーズでした。

アーバンフォースの公式HPはこちら

お薦め会社その2日本財託

サブリースの有無 プランの豊富さ 一般管理プランのみ
管理費 月額3,000円(税別) 入居率 平均98%以上(東京23区で2014年1~12月実績)

賃貸管理会社の日本財託の公式HP画像

サポート体制

  • 同社で購入した物件の賃貸管理を依頼した場合、100%滞納保証がつく
  • 退去後の内装工事を7日以内に完了するスピード
  • 入居者向けコールセンターは24時間365日で対応

利用者の口コミ評判

これまで複数のマンション経営をしてきて、購入時の経緯などもあり賃貸管理は3社のみに依頼。その中には1部上場企業もあったけど、入居者募集や滞納時のフォローなどに不満を感じていました。結局日本財託に管理委託することに。対応は完璧とまでは言えませんが、こちらが求めるレベルはきちんとクリアしていました。

急な転勤が決まって自宅を賃貸に出すことに。その管理を日本財託に委託しました。その際、ファミリー向け物件なら定期借家は2年より3年のほうがいいと提案され、1カ月半後には無事入居者が決まりました。

日本財託の公式HPはこちら

お薦め会社その3ランドネット

サブリースの有無 プランの豊富さ 3プラン、サブリースで1プラン
管理費 月額下限2000円(税別) 入居率 98.3%(2016年8月現在)

賃貸管理会社ランドネットの公式HP画像

サポート体制

  • 一般管理のプランは建物管理や金銭管理の代行
  • 最長48カ月の滞納保証が付くプランは特大保証
  • 家賃保証が付くサブリース方式のプランもあり

利用者の口コミ評判

担当スタッフが親身に対応してくれて、複数提案をいただいたこともあって、不安なく依頼することができました。とても感謝しています。

3カ月ほど空室になっていた物件があり、ランドネットに賃貸管理を委託しました。客づけに尽力していただけたことで入居者も決まり、大変ありがたかったです。

ランドネットの公式HPはこちら

CHECK!おすすめ賃貸管理会社の早見表

  入居率 管理費 プランの豊富さ
アーバンフォース 98.6% 月額3,000円~(税別) 5プラン
日本財託 98%以上 月額3,000円(税別) 1プラン
ランドネット 98.3% 月額下限2000円(税別) 3プラン

【免責事項】
このサイトは2016年9月現在、物件オーナーの個人が賃貸経営の参考に調べた内容を基に構成しています。最新の賃貸管理についての情報を知りたい方は、各管理会社の公式サイトをご確認くださいますよう宜しくお願いいたします。

頼むならココ! 管理会社お薦め3選

賃貸管理は資産運用!正しい賃貸管理ガイド
間違わない!賃貸管理会社との付き合い方
賃貸管理を頼むならココ!管理会社厳選リスト
押さえておきたいマンション・アパートの管理方式
あなたならどうする?賃貸管理の事件簿
サイトマップ

↑