新しい賃貸管理ガイドHOME » 賃貸管理は資産運用!正しい賃貸管理ガイド » 賃料の徴収

賃料の徴収

このページでは、相場の考え方や滞納時の督促など賃貸物件の賃料に関する基礎知識を紹介します。

立地や物件の仕様で変わる賃料の決定要素

相場や督促など賃料の説明イメージここでは一般的な賃貸物件の賃料に影響する要素について説明します。中には一般論が適用されない物件もありますが、相場を理解する前提条件として理解しておくといいでしょう。

賃料の相場を知るためのデータとは

賃料は高すぎれば入居者に避けられますし、低すぎると質のよくない入居者が来てしまうことも懸念材料。そのため相場を知る必要があり、そのために活用できるのが各種統計情報です。

公益財団法人である東日本不動産流通機構近畿圏不動産流通機構、そして不動産流通推進センターでは賃貸物件の取引データを公開しています。東京23区なら区別の平均の建物面積や平米単価、平均家賃などを見ることができるので、大いに活用しましょう。

また、ネット上の賃貸物件情報サイトを見れば、周辺物件の募集賃料を確認できます。実際の契約賃料と一致するわけではありませんが、大きな差はないと思います。

周辺相場より多少安めの家賃設定をすると入居者は集めやすくなりますが、賃貸経営としての収支を悪化させては本末転倒。また、入居者が決まったとして滞納リスクはゼロでなく、督促して100%回収できるかも不透明。諸事情を織り込んで収支が成り立つように賃料を設定する必要があります。

【免責事項】
このサイトは2016年9月現在、物件オーナーの個人が賃貸経営の参考に調べた内容を基に構成しています。最新の賃貸管理についての情報を知りたい方は、各管理会社の公式サイトをご確認くださいますよう宜しくお願いいたします。

頼むならココ! 管理会社お薦め3選

賃貸管理は資産運用!正しい賃貸管理ガイド
間違わない!賃貸管理会社との付き合い方
賃貸管理を頼むならココ!管理会社厳選リスト
押さえておきたいマンション・アパートの管理方式
あなたならどうする?賃貸管理の事件簿
賃貸管理を利用しているオーナーさんの声
サイトマップ

↑