そもそも賃貸管理業とは?
業務の種別を紹介

今現在、物件を自分で管理しているオーナーも、管理会社に既に業務委託しているオーナーも賃貸管理のどの部分の業務を専門会社にアウトソーシングするのがいいのか。いまいちど見直してみることが、オーナーにとっての資産運用の改善の一助になります。各詳細ページでは業務別に賃貸管理の内容をまとめてみました。

入居条件の設定から
入居者募集
まずは賃貸管理業の第一歩である賃料設定をはじめ、入居者募集のための条件設定や審査基準などを決めます。賃貸借契約書を作成する際の注意点などもまとめました。
さらに詳しく
立地や物件の仕様で決まる
賃料の徴収
賃貸物件の賃料を決める要素は何か、その解説から始めましょう。また全国の賃貸物件の取引データなど、賃料相場を知るのに使える参考資料についても取り上げています。
さらに詳しく
更新する?解約する?
契約更新・退去手続き
今いる入居者の契約満了に伴って、契約の更新をする場合、もしくは退去する場合とにケースを分けてみます。それぞれに必要な手続きや注意すべきポイントを調べました。
さらに詳しく
新たな入居者に出会うべく…
リフォーム・原状回復
一般的な退去時の原状回復では、空室の期間をできるだけ減らすための対策が必要です。対策の紹介と、年数を経た物件でリフォームやリノベーションでの資産価値の向上も欠かせません。
さらに詳しく
建物管理の主要業務
清掃・メンテナンス
賃貸管理業務は「入居者管理」と「建物管理」に分かれ、清掃やメンテナンスなどは建物管理に該当します。専門会社ではどのような業務に対応しているか、一例を紹介しましょう。
さらに詳しく
共同住宅にはつきもの
クレームなどの対応
入居者からオーナーへの苦情に限らず、入居者同士でも起きうるトラブルなどの具体例や対応についてまとめました。賃貸管理における注意点もあわせて紹介します。
さらに詳しく

結論賃貸管理は個人でやるよりも
管理会社に依頼するのが賢明?

入居者募集や賃料の徴収など、賃貸管理の業務を解説してきました。働きながらの賃貸物件オーナーはもちろんのこと、専業の物件オーナーだって骨の折れる業務だらけです。賃貸管理業務は広範囲にわたるので、個人ですべてをカバーするには限界があることも。資産運用を効率的に行うためにも、よりよい賃貸管理の会社を選びましょう。

賃貸管理会社の選び方
変更の仕方・賃貸管理のQ&Aまとめ

物件オーナーにとって、賃貸管理会社は資産運用のパートナーです。信頼できるパートナーとして管理会社に依頼したい人のため、優れた賃貸管理会社の選び方や既に依頼している人が管理会社を変更する方法、最後によくありがちな賃貸管理にかかわるQ&Aをまとめています。

間違えない!
賃貸管理会社の選び方
入居者管理にフォーカスして、管理会社を管理方式の違いによってまとめました。サブリースの査定賃料の仕組みにも触れます。
さらに詳しく
もうココには頼まない!
賃貸管理会社を変更するには
今依頼中の賃貸管理会社に不満や問題がある場合、賃貸管理会社の変更を検討する必要も。その際の注意点を解説しています。
さらに詳しく
そこが知りたい!
賃貸管理のQ&A
物件オーナーにも、また賃貸管理を始めたい人のためにも、賃貸管理に関する疑問や質問についてQ&A形式で整理してみました。
さらに詳しく

賃貸管理を頼むならココ! 管理会社厳選リスト

詳細ページでは、24社の賃貸管理会社について、管理サービスの特徴や口コミ評判などを調べた結果を掲載しています。サービス内容や物件オーナーに対するサポートなどは、各社に違いがあるもの。自分に適しているかどうかは各詳細ページを見た上で検討してみてください。また、なかでもオススメの3社をピックアップした比較表も作成していますので、ご参考にどうぞ。なお下のボタンをクリックすれば、おすすめの賃貸管理会社を見られます。

CLICK!賃貸管理会社を3社ピックアップ、比較しています!

ぜひ押さえておきたい
マンション・アパートの管理方式

賃貸管理の方式には大きく分けて以下の3つがあります。管理会社にただ管理を依頼するだけではなく、オーナーも方式の内容をしっかり理解しておくことが何よりも大事です。

管理方式の内容の解説にあわせて、各メリット・デメリットもまとめました。知っている人も復習をかねてご覧ください。

あなたならどうする? 賃貸管理の事件簿

賃貸管理に関連するトラブル事例として、以下の3つのケースをピックアップしました。物件オーナーにとっては得体が知れず、どのくらいの損害があるのでしょうか?

事件が発生してしまった時にどのように対処すべきか、専門家の意見なども交えて紹介しています。

賃貸管理を利用しているオーナーさんの声

賃貸経営は株やFXよりも安全で、比較的少ない自己資金ではじめることも可能なため、資産形成の手段として大変魅力的です。特にワンルームマンション経営は節税効果も高く、様々な職業・収入の方がはじめられることから人気も高いようです。

しかし、いざ賃貸管理をするとなるとそう簡単な話でもないということがわかります。

そこで、ここでは賃貸経営を実際に行っているオーナーさんの声を集めてみました。賃貸管理で必要なことやトラブル対応など、少しですが予備知識としていただければと思います。これから賃貸経営・管理をはじめたいとお考えの方は是非参考までにご覧ください。

なお、賃貸管理を管理会社にお願いする場合、入居者の募集、家賃の集金、物件の管理、家賃滞納者への対応、賃貸契約終了後の精算などを代行してもらえます。

月々の安定した収入を得るためには、賃貸管理をしっかりフォローしてくれる会社選びが重要です。

賃貸管理を利用しているオーナーの声を見る>>

賃貸管理会社を利用するメリットとデメリット

自己管理を行っている方の中には、賃貸管理会社を利用したほうが良いことは分かっていても、どうも一歩踏み込めない方がいるはずです。当てはまる、という方は、賃貸管理会社を利用するメリットとデメリットを整理してみると良いでしょう。これらが分かれば必要性を冷静に検討出来るようになります。

賃貸管理会社を利用するメリット

賃貸管理会社を利用するメリットとして次の点などが挙げられます。

入居者の満足度を高められる

賃貸管理会社を利用することは、専門家に管理業務を任せることを意味します。豊富な知識と経験を有する担当者に任せられるので、日々の業務をよりスムーズに行えます。この点は入居者への対応の違いとして現れます。個人で管理していると、トラブルをすぐに解決出来ず入居者にストレスを与えることが少なくありません。管理業務を任せていると、ほとんどのトラブルを迅速に解決出来ます。賃貸管理会社の利用は、入居者の満足度を高めることにつながります。

入居期間が長くなるので経営が安定する

入居者の満足度が高くなると、入居期間は長くなる傾向にあります。入居期間の長期化は稼働率を高めるので経営の安定につながります。一般的に、管理業務の手間を省くだけと思われがちな賃貸管理会社ですが、経営の安定にも貢献します。

原状回復作業を経済的に行える

賃貸経営で避けては通れない原状回復作業を経済的に行える点も魅力です。多くの賃貸管理会社は「馴染み」の内装業者などを抱えています。もちろん、同じ業者に個人で発注することは出来ますが、単発で発注するケースと継続あるいはまとめて発注するケースでは割引率が異なります。また、賃貸管理会社は修復するべき場所を分かっているので無駄な費用が発生することもありません。ちなみに、3月、4月の繁忙期は個人の発注を受けてくれない内装業者などもあります。必要なタイミングで経済的な原状回復作業を行え、新規入居者募集につなげられる点も賃貸管理会社を利用するメリットです。

家賃回収のトラブルを避けられる

賃貸経営で大きなリスクのひとつが家賃の滞納です。稼働率が高くても家賃の滞納が多ければ経営は安定しません。自己管理を検討している方の中には家賃の滞納は電話一本で解決出来ると考えている方がいるようですが、入居者の中には電話に出てくれない方もいます。また、入居者と関係性が出来ると家賃の督促を行いにくくなります。結局は泣き寝入りになることも少なくないのです。集金代行を利用すれば、家賃の集金・督促を貸主に代わって行ってくれます。専門的な知識を用いて家賃滞納問題を解決してくれるので頼りになるといえるでしょう。

家賃保証や滞納保証などを受けられる

個人で管理していると入居募集を上手く行えず空室が出ることがあります。想定していた家賃収入を得られないと、経営に悪影響が及びます。賃貸管理会社を利用していれば、契約内容によって家賃保証や滞納保証を受けられます。あるいは、物件を丸ごと借り上げてもらうことも可能です(サブリース契約)。空室があっても安定した収入を確保出来る点は賃貸管理会社を利用する大きなメリットと言えるでしょう。

賃貸管理会社を利用するデメリット

賃貸管理会社の利用には以上のメリットなどがあります。興味を持った方はデメリットも確認しておきましょう。次の点に注意が必要です。

管理報酬が発生する

賃貸管理管理会社を利用するデメリットとして真っ先に挙げられるのが、管理報酬などが発生することです。管理報酬の相場は賃料の5%といわれています。つまり、賃料が10万円の物件であれば毎月5,000円の管理報酬が発生します。これより安ければお得な賃貸管理会社に思えますが、安いからお得とは言い切れません。管理会社により提供しているサービスが異なるからです。管理報酬を賃料の3%としている代わり、建物全体の点検は有料としている管理会社などもあります。管理報酬はサービス内容を理解してから評価することが重要です。

サブリース契約で家賃を下げられることがある

不動産会社が物件を一括借り上げしてくれるサブリースは魅力的な契約です。この点は事実ですが、契約中に家賃を下げられるリスクがあることには注意が必要です。10年契約で2年ごとに賃料を見直すなどのケースが少なくありません。また、建物のメンテナンスを行わないことで契約を解除されるケースなどもあります。サブリースなど魅力的に見える契約は、内容をよく確認してから検討しましょう。

【免責事項】
このサイトは2016年9月現在、物件オーナーの個人が賃貸経営の参考に調べた内容を基に構成しています。最新の賃貸管理についての情報を知りたい方は、各管理会社の公式サイトをご確認くださいますよう宜しくお願いいたします。

頼むならココ! 管理会社お薦め3選

賃貸管理は資産運用!正しい賃貸管理ガイド
間違わない!賃貸管理会社との付き合い方
賃貸管理を頼むならココ!賃貸管理会社の比較ガイド
押さえておきたいマンション・アパートの管理方式
あなたならどうする?賃貸管理の事件簿
賃貸管理を利用しているオーナーさんの声
サイトマップ

↑